<   2005年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Musical Baton
 最近流行ってるみたいですね。 僕のところには届いていません。 届くハズがない。

 欲しくもないので別にいいです。


 で、そのかわりに「の」が付く人から漫画バトンなるものが届きました。 派生か。

 せっかくなので答えさせていただきます。


 コミック所持数
 どうでしょう…僕に所有権があるコミックスは大体100冊程度ですかね。 父親や兄の分も含めるとなると500冊ぐらいはいくのかもしれません。 主に兄の仕業。


 今読んでいるコミック
 「ONE PIECE」「HUNTER×HUNTER」「DEATH NOTE」「ピューと吹くジャガー」ですね。


 最後に買ったコミック
 ピューと吹くジャガー9巻


 よく読む、または思い入れのあるコミック(順不同)
 「DRAGON BALL」
 この作品は思い入れがありすぎです。 幼稚園の頃から大好きでした。 毎週水曜夜7時にはTVの前で開始5分前から鎮座をしておりました。 幼稚園で絵本を描けと言われた時にもドラゴンボールを描きましたよ。 「ナメツク星がばくはつした」とか。 小学生になってもその勢いは衰えることを知らず、文房具やらもドラゴンボールで統一し、「力」の読み方も影響を受けすぎで漢字の時間に「この漢字は何て読みますか?」と指された時にも「リキ」と答え、意味を問われた時にはちょっと困った後に「走ったりするとはぁはぁってなるやつ」とか言い出したり。 それは「息」。

 「すごいよ!!マサルさん」
 全巻揃えただけでは飽き足らずDVDまで買ってしまいました。 この漫画との出会いはよく覚えていませんが、衝撃的な出会いなどではなく、ひどく冷めた対面だったような気がします。 なんでなんだろう。 でもうすたさんの作品ではやっぱり「ピューと吹くジャガー」が一番読みやすくて好きですね。

 「SLAM DUNK」
 間違いなく5回は全巻を通して読みました。 よくこの漫画の話題で盛り上がった記憶があります。 コミックスで各話の間にある1コマが面白かったなあ、またこれについては色々コメントしたいことがでてきてしまうので、この場では割愛させていただきます。 またの機会にでも。

 「ブラックジャック」
 これも5回は確実に読んでます。 最初「恐怖コミックス」とカテゴライズされていたのですが、いつの間にか「ヒューマンコミックス」に変わっていたりしてます。 そのカテゴリーに反することなく、描写はなかなかエグかったりしますし、キャラの人間くささなどもとても上手に描かれていて、後味の悪さもなかなかです。 現在ではアニメがゴールデンタイムに放送されていますが、一部脚色が加えられています。 まあ子供も見るでしょうし仕方ないのですが。

 とりあえずはこんなものです。


 誰に回すか(5人)

 何これ、お友達が少ない僕への挑戦状?

 この人と
 この人と
 この人と
 この人と
 この人

 頼んだ。
[PR]
by mei-sy | 2005-06-30 20:45
続・ドリンクバー
 前回の続き。

 そしてその行為がどんどんエスカレートして…。

 舌がマヒしたのか頭がマヒしたのかわかりませんが、混ぜる種類はどんどんと増えていき、三種類を超え、四種類オールミックスを達成してしまいました。 間違えた道を突き進む軍団にはもう目に写るすべての飲料が対象、テーブルに備え付けの熱いお茶ももちろん餌食に。 ついにその種類数は5を突破。 さすがにお店の方に悪いと抵抗があったのか、砂糖やティーパックには(少ししか)着手しませんでしが、もうこの時点で飲料としての域を超越し、別の力を持ってしまったと推測するのは容易いもので、すでに飲めたものではありません。

 「俺ちょっとトイレ行ってくるわ」

 そう言い残してを怪しげな異彩と異臭を放つ飲み物を作った張本人が席を立ちました。 そのトイレに向かう姿はやがて我々の前から姿を消し、今頃トイレのドアを解き放っているのだろうなあという頃、メンバーの一人が飲み物を手にし、

 「よし、しょうゆ入れとく?」とか言い出したので、「いいねぇ!!」と賛同し、その飲み物にしょうゆが混入され、更なる進化を遂げ、茶色かった液体がどんどん闇に侵食されていきました。 これでトイレから帰ってきたヤツの引きつる顔が目に浮かぶようだぜ、なんて思っていたら

 「しょうゆといえばわさびだろ」

 と衝撃的な発言をする輩が一名。 その発言に驚きの色を隠せない僕を横目にうどんを食べていた発言主がおもむろにわさびを投入し、その緑色の物質はドス黒い飲み物と融合していくかのように混ざり、やがてその姿を消していきました。 まさかコップの中でわさび醤油が誕生するとは。

 もう止まることを知らない我々でも、考えられるすべてのものを投入し終えましたかに思えましたが、先ほどのわさび主が「ああ、じゃあついでにうどんも入れておこう」ともうミックスすることのない固形物を入れ始めたのですが、もはやすでにそれを抑制する者はいませんでした。 ここに誕生した

 「コーラメロンカルピスウーロンダージリンアールグレイわさび醤油ティー with うどん」を知ることなくトイレからメンバーがトイレから戻ってきました。 「あれ?ソレ黒くなってない?」などと愚かな発言をするも、他のメンバー全員に「気のせいだよ」と返され、首をひねりながら席につく彼。

 コップの中の異物(うどん)に気付いた彼が悲鳴をあげるのはそう間もない事でした。
[PR]
by mei-sy | 2005-06-29 21:24
ドリンクバー
 中学生の頃、学校のすぐ近くにファミレスがあったため、よくそこのドリンクバーで日が暮れるまで雑談をしていた思い出があります。 ああ。 で、やはりドリンクバーというと一定の金額を払えばジュースが自由に飲めるわけです。 そこのファミレスでは「コーラ」「メロンソーダ」「カルピス」「烏龍茶」、その他に紅茶のティーパックなどが用意されていました。

 なんで若い時ってこんなにヤンチャなんでしょうね。 4人で行ったりすると必ず僕以外の3人ともドリンクバーを使用し、数種類のドリンクを混ぜて、自分で飲んでみたり他の人に飲ませたりして遊んでいます。 それはもう満面の笑みで。 そして嬉しそうにドリンクを混ぜる4人目の影、僕を含む4人のバカが集結し、バカ率100%の軍団がドリンクをおもちゃにしているわけです。

 飲食物を粗末にするな!と叱りたいところなのですが、「自分で作ったドリンクは必ず飲みきること」が前提の変なところで責任感があるバカ軍団だったので、粗末にしているんだかしていないんだかわからない状況でした。 褒められた行為ではないですけどね。

 大抵は二種類を混ぜて持ってくるだけなんですよ、「コーラ×メロンソーダ」「コーラ×烏龍茶」「メロンソーダ×カルピス」などなど。 たまに変化球で紅茶用の砂糖を入れたりとかして。 一度コーラに砂糖を入れた時は化学変化でも起こったのか?というぐらい泡が溢れてきまして、「うわぁー!泡があふれる!?お前らすすれ!!」「ズズーッ!!」「ズズーッ!!」「ズズーッ!!」と1つのコップに4本のストローで立ち向かった時もありました。 はたから見たら滑稽というか奇怪だったでしょうね。

 そしてその行為がどんどんエスカレートして…。



 続く。
[PR]
by mei-sy | 2005-06-27 19:26
100の質問に5問ずつ力いっぱい答える(21-25)
 にいさんたちへ100の質問に答えていきます。

21. やめられない♪ 止まらない♪ ことはありますか?
 ここでつまらない返答を用意するのは実に簡単である、が、面白みのある返答とは何か?それについて詰めていくと困難極まるのでその調整が難しいところである。

 ビートマニアとかストレス解消にはぴったりなのでよくやってたりしますよよよ。 ただ、一般人から見たらすでにちょっとヤバイらしいので、人様にお見せすることなく家でこっそり細々とダイナミックに騒音を撒き散らしながらプレイしております。

 でもまだあまり上手ではありません。


22. これから一生一つのモノしか食べちゃだめだとしたら何を選びますか?
 何て言ったらいいのかな…一つのモノというカテゴリの範囲が不明瞭ですよね。 「大豆」や「小麦粉」などの食材を一つのモノとするのか、それとも「料理」として仕上がったものを一つのモノとするのか…他にも例を挙げておきたいところなのですが、やはり「料理」として仕上がったモノというのがこの質問の主旨として合っている可能性が高く、適していると思うので、これに合わせてお答えさせていただきます。

 スパゲティ…かなぁ。 こっからさらに絞れって言われたら駄々こねますよ。


23. ダイエットをしたことがありますか?
 ギガ進行中なはずなのですが、何故か真逆の方向にテラ進行中のようです。


24. 好きなものと嫌いなもの、どっちから先に食べますか?
その理由も、教えて下さい
 それはもちろん嫌いなものからですよ。 理由は好きなものを一番最後に食べた方は食事を幸せな気持ちで終えることができるからと考えております。 これは一個人としての意見なので異議はお受けできかねます。


25. 買い物には誰と行くことが多いですか?
 お一人様。 誰か一緒に行きませんか?



 なんかそろそろこの質問を作ってくださった方に申し訳なくなってきました。 ヘリクツをこねて質問にケチをつけているだけのような気も…。 しかも答えがつまらない上にプロフィールに使えるものですらないというのが一番の問題であります。 主旨とズレてますよね。
[PR]
by mei-sy | 2005-06-25 19:30 | 100の質問
うム…
 吉里吉里を使ってサウンドノベル作ろうかなと。

 あんまりご期待にそえるものではないと思いますが、できる限りがんばって作ります。
[PR]
by mei-sy | 2005-06-23 23:46
にゃーにゃーと
 猫さんに怒られています。 何故だろう。

 もしかしたらさっき猫さんが高いテーブルの上にジャンプで飛び乗ろうとしたがジャンプが届かず、そのまま爪を引っ掛けて踏ん張ったが、結局落ちてしまった事に対して、「貴様が日頃部屋に冷房をかけすぎているせいで、筋肉が収縮し著しく身体能力が低下してしまったが為にこの私がジャンプに失敗してしまったではないか。 責任を取れ。 そしてご飯よこせ」という理不尽な要求をしているのかな。

 僕のせいにせず、これを機に猫さんもダイエットを決意してくれるといいのに、と思った。

 
[PR]
by mei-sy | 2005-06-20 03:36
100の質問に5問ずつ力いっぱい答える(16-20)
 久しぶりににいさんたちへ100の質問に答えていきます。

16. HPが大きくなって影響力が出るサイトになったらどうしたいですか?
 大きくなったら、というのはこのブログを見に来てくれる人の数が1日に4ケタになったりとかそういうことでしょうか。 まあそれ以外にないですよね。 間違っても転送量の著しい増加により(exciteに)影響(被害)が出るサイトの事ではないですよね。

 まあ日に4ケタどころか日の平均が4ヒットを下回るこのブログでは考え難いことですが、頑張って考えてみることにします。 ふむむ、つまりそれは僕の発言をその4ケタの方が目を通すことになりますよね。 それは大変なプレッシャーだと思います。 仮に1日に2000ヒットすると想定して、誤った情報を流してしまったら、例え半数の方が真実を知っている(このブログの情報が誤情報だと判断できる)人だったとしても、残りの半数の方、1000人ほどはそれを誤情報だと判断することができないわけです。

 それにそれだけ数もいれば僕の事を快く思わない方も必ずいらっしゃると思うので、コメント欄に荒らしや罵倒が出てくることになりますよね。 このインターネットという匿名性の高い世界では、例外がないわけでもないですが、いくら他人を罵倒したとしても自身は被害を被ることがありません。 つまり身の安全を確保しながら相手を攻撃することができると。 良識のある方はそれを抑制するものだと思いますが、2ちゃんねる等の匿名掲示板を見ると思うがままに他人を罵倒している人が少なからずいらっしゃいます。

 2ちゃんねるというのはそういう場所だと認識していますので、この場では特にそれを問題視するわけではありませんが、問題は2ちゃんねると同じ感覚で個人のHPなどを名前を伏せたままで攻撃する方も多々見かけることです。 匿名じゃない相手を匿名で罵倒する、自身の事だけを考えればこの上ない選択肢ではありますが、私的に言いかえると、姿を隠したまま嫌いな相手に向かって石を投げているようなものかなと。 

 以上のような事をまともな精神状態で耐え続けられるかどうかが疑問なので、あんまり大きくなるのもちょっとな、と思いますが、そもそもこれじゃ質問の主旨から脱線しているので、話を戻しますと…まあ広告を置き、収入を得ることぐらいですかね。 自分の書いたものに何らかのレスポンスがあると嬉しいものですが、それは場合によるものだと思います。

17. 好きなテレビ番組はありますか?
 え…あんまりテレビは見ないんですけどね。 アニメのブラックジャックやNARUTOは覚えていたら見てます。 他にもたまにテレビをつけて面白そうな番組がやってたら見ますけどね。 その程度です。

18. あなたがもっとも最悪だと思う他人の行動はどんなことですか?
 ”自分を傷付ける行為”ですかね。 自分の親などを傷付けられても間接的に僕が傷付くことになるので、そういったものを幅広く含め”自分を傷付ける行為”は自分にとっては最悪だと思います。 まあ僕自身が相手を傷付ける行為をしてないなんて保証はどこにもないので、あまりそれを主張するのもどうかと思いますけどね。

19. 口癖はありますか?
 「とりあえず」とか…。

20. 人に言われてはじめて気がついたことはありますか?
 ごめんなさい。 質問が高度すぎて僕の幼稚な頭ではお答えできかねます。



 最初の質問で力尽きました。
[PR]
by mei-sy | 2005-06-19 00:43 | 100の質問
わざとじゃないのに
 コーヒーにコーヒーミルクを入れようと思ってフタを開けたところで、コップに注がれていたのはコーヒーじゃなく牛乳だった事に気付いてどうしようか相当迷ったりしました。 牛乳にコーヒーミルクはさすがにどうかと思うナリ。

 そろそろ介護が必要でしょうか。
[PR]
by mei-sy | 2005-06-13 06:01
朝ごはん
 新しいパックの卵があったので、古い方の残り3個の卵を使って玉子焼きを作りました。

 僕は甘い玉子焼きが好きなので、砂糖を入れてかき混ぜて。 焼いてる途中にちょっと味見をしてみたところ、あれーあんまり甘くないぞ。 砂糖少なすぎたのかな…まあいいや。 とりあえずそのまま焼いてお皿に移して、ついでにソーセージも焼いて、さあいただきます。



 口に入れたその時に、やっと砂糖と塩を間違えたことに気付きました。 ギガしょっぱい。

 こんなこと漫画の中でしか起こりえないと思っていましたが、自分でやってしまうとは思いませんでした。 ケチャップかけてもダメ、ソースかけてもダメ、半分ぐらい食べたところでギブアップです。

 というわけで、どうにか処理しようと思ってチャーハンを作りました。 チャーハンなら多少塩辛くてもね、うん。 ………チャーハン作成完了。 ついでにソーセージも添えて。 さて…

 ラップをかけて封印しました。 誰か食べれ。
[PR]
by mei-sy | 2005-06-10 06:52
インターホン
 が鳴りました。 出ると「代金引換」の僕宛の荷物との事。

 たのみこむで注文した品が届いたようです。 ですが、ここで問題が一つ発生。 僕の名前を使っただけで、お金を出すのは僕ではなく、僕のお財布には引き換えができるほどの金額が入っていません。 家には僕一人、これはピンチ。

 で、「ごめんなさい、少々お待ちいただけますか?」と宅配員さんに待っていただき、家の中のお金を探すことに。 ゴソゴソ…あれー、ないな…ゴソゴソ…うーん、あ!(母親の)財布あった!…カラッポかよ!えー…他のは…

 5分後

 「ごめんなさい、今ちょっと本人がいないので…。」 「あ、はい、それでは先ほど不在伝票をポストの中に入れさせていただいたので、ご本人様が帰られた時にそちらの方でご連絡していただければ、それでは失礼します。」 「ごめんなさい…。」

 見事に代引き失敗。 お金がなかったなんて言えないよ。
[PR]
by mei-sy | 2005-06-09 01:42


以前の記事
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
more...
外部リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧